忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/23 05:31 】 |
漢字で書けば、牛屍
 
本当は掘りに専念する筈だった・・・・
ふと、PT掲示板をのぞいてみると
『うししかばね』なる文字が。

”ウシ”という言葉に敏感な牛ボンとナカ身の人は、どういうイベント?かも分からずに現場へ直行。その時に一緒に居た、牛友も道連れて。そして、そのままなだれ込むように参加という形に。
 
920.jpg

集まる…という事は、もちろん人文字。
人数が足りず、『牛』は断念し『うし』に。

でも、なんとか形になったので良かった良かった。








次は、その名の通り『うししかばね』となる為に、集まった牛達は死に場所を求めて、いざ行かん!!テチチ火山・タンゴ山荘前!!


usi-miniusi.jpg

←これは移動する前の群がる、何かの図。

  ちびうし・・・・単品で連れて行くなら可愛いのに、この人数で行くとなると
  ある意味恐怖だと思った。あの虚ろな瞳が、多分そう思わせるのだろう。
  






その子連れ牛一行は、次なる目的地に着いたあと、




sikabane.jpg


仲良く一列になって、死亡。死に際の台詞として、「うし!」と叫んでみたり。
・・・・・・こうやって見ると、牛の死に方ってマヌケ面白いと思う。


その後は、どこかのボスに喧嘩を売りに行き、武器を外した牛ボンは案の定、死んだ。全て攻撃に振り分けていても素手では到底、無理な問題だった。
一回戦は生きてた牛ボンも、二回戦はKO負け。

今度、お礼参りをしに行こうと思った。




screenshot0256.jpg

昼に到着した為に、夜までの待機していた時のもの。

なんとな~く、ウチのギルドのシンボルとも言える
あのマークに見えないだろうか?もう少し下のうしさんが上に来ていたら良かったのだが・・・・それにしても偶然できたにしては、良くできていると思う。







この後、戦線離脱した牛ボンは
「明日こそは・・・掘りを、」と思ってはいたが、やはり予定は未定。

 

拍手

PR
【2008/09/20 23:42 】 | プレイ日記 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<取り敢えず、任務完了 | ホーム | 最早、これは病気>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]